「仕事が終わっていなくても帰ってしまう」定時上がりの部下に対する管理職のぼやきに非難殺到した理由が… | まいだん

「仕事が終わっていなくても帰ってしまう」定時上がりの部下に対する管理職のぼやきに非難殺到した理由が…

未分類

「仕事が残っていても定時になるとすぐ帰る部下にモヤモヤ…」という経験はありますか。

逆に「定時に帰ったら上司に嫌味を言われた」という人もいるでしょう。

今回は管理職側から見た「定時に帰る」ということについて、アドバイスをしたら大炎上した件をご紹介します。

本題

管理職向け研修の中で、ある参加者からこんな相談が

「うちのメンバーで、17時半の業務終了の鐘が鳴ると、一目散に帰るメンバーがおりまして……早く帰るのはいいのですが、仕事が終わっていなくても帰ってしまうもので、もう少し成長のための仕事を頑張ってくれないかなと悩んでいます

本題に対するアドバイス

■”やる気が無い”のではなく”やる気を見失っている”状態

現在働いている方々の多くが右肩上がりの日本を見たことがありませんし、想像すらできないのが現実です。

そうなると遠い未来に対し、希望を見出すといったことが出来なくなります。「ゆくゆくは良くなるから、今を頑張ろう!」とは思えないわけです。

■やる気を取り戻す2つのポイントとは?
1・瞑想や自分自身を振り返る時間を持つこと
2・相互理解を促すコミュニケーション改革

管理職者はつい「今年は○○がしっかり出来るようになっていこう! 何かわからないことがあったら何でも聞きに来なさい!」と大きな仕事を、ざっくりと任せてしまいがちです。しかしコミュニケーションが希薄な社会においては、メンバーの方から聞きに来ることはなかなかありません

■小さな目標の設計が一人ひとりのモチベーションを更に向上させる

以下全文はこちら

みんなの意見

  • 何時までに終わらせてって指示すればいいだけ、期限内ならすぐ帰ってもいいじゃん。やる気のあるなしなんて関係ない
  • 仕事の割り振りが多過ぎるか、集中してる時に余計なこと話しかけて邪魔してるんだろ
  • そいつが仕事せずに帰っても回るくらい緩い職場なんですか?
  • 実務者の仕事が残る=管理職が仕事できていない。
  • その部下の判断は良い。残業前提で、個々の能力に合わない業務させてる方が異常だから。


  • 働き方改革が始まってる今、残業を強制するのはコンプラだ!パワハラだ!と言われ、下手したら訴えられるのがオチ

  • 部下よりオマエが成長するのが先のようだな


  • 仕事できない奴はクビにして優秀な人材を入れればいいだけ(管理職も含めて)


  • 個人の努力で定時までに終わらせると、次からは仕事の量増やされる事を経験から学んでいたりする。


  • それを管理するのが、管理職の仕事じゃないの?自分の仕事やろうよ。
  • どうせ定時に終わらない量の仕事回してるからでしょ、あと色々な職場経験しましたが、仕事ないのになぜか遅くまで人が残ってる企業のほうが多いですよ


  • 具体的に同僚とかと仕事の割り当てに差が無いことを示したり、それでいて進捗に遅れが出ていることや、後の工程に響くことを伝えるのが良いと思いますよ(真面目)。


  • 一番は給料を上げることだが、若者のせいで難しい……。昔は結構社員同士親密になって、オフでは親戚の叔父さんと甥レベルの仲まで行く事も多かった。それなら気軽に小遣いをやる感じでボーナスを出せるが、今の若者は飲み会にも来てくれないだろ?そんな疎遠なやつにボーナスやるなんて簡単に言えないんだわ。金で釣ってきて偉そうとかブーメラン投げてくるのも目に見えてるし。


  • 頑張れば頑張るほどできない奴の仕事を押し付けられるのでうんざりした。 から今は適当に仕事してる。 自分のケツは自分で拭けやw やってもらってるのに感謝もなけりゃやる気も出んわw


  • その仕事が今日中には終わらないと次の日の仕事に支障をきたすのかにもよるな まだ期限があるのなら明日でも良いけどどおしても今日終わらせないといけないのなら残業してもらえばいい、でもその量が過剰だったらり毎日残業しないと終わらないのなら会社が無能だから新人は正しい

  • 残業して仕事頑張ると成長補正でもあるんか?そもそも残業代ちゃんと出てるの?仕事終わらせて帰ろうとしたら仕事上乗せしようとしてるんじゃないの?仕事終わらずに帰ってると言ってる仕事の締め切りはその日なの?言ってる事が穴だらけだな。所詮、自分の思い通りにならないからってつまらん事言ってるだけに聞こえなくもない。
  • 成長のために仕事を頑張るんじゃなくて成長させる方法を考えるんじゃないのかな??

おわりに

みなさんこの相談者である管理職の方に、かなりの厳しい意見を述べていますね。

「頑張る」を美学にしているところが多い日本社会ですが、その「頑張る」に見合った報酬が欲しいのが本音ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました