氷では無意味!専門家が解説する熱中症の"正しい対処法"をしないと内臓が溶けて… | まいだん

氷では無意味!専門家が解説する熱中症の”正しい対処法”をしないと内臓が溶けて…

未分類

正しい熱中症の対処法は氷ではない!?

投稿では、熱中症になってしまった場合、体温を下げるには氷嚢をあてたり水をかけたりではなく、氷水の中に浸かるしかないと書かれています。

冒頭の環境省の公式YouTubeチャンネルの動画でも熱中症になってしまった場合は氷水の中に浸かるように指導されています。

水分をこまめに補給し熱中症にならないことが大切ですが、もし自分がなってしまった時や、周りの人がなってしまった時ののため、覚えておいて欲しいです。

みんなの反応

  • これは覚えておこう。
  • なるほど!家族にも教えとく
  • 一般に浸透はもとより専門家にも浸透しきっていなければ情報としての正確性に確固たるものとは言い切れないので誤った方法による事故にも発展しそう。 よっぽど40度超える場所で大量の氷と冷やせる桶を用意することにも現実性を感じられない。
  • 私も赤子の時分肺炎で43度の世界新記録を叩き出した時はICPUで氷漬けにされたそうな… 冷やすためにほんとに氷につけるみたいだね
  • 体もそうだが、特に脳はタンパク質の塊なので、体温上昇により一度凝固してしまうと元の正常な脳には戻らない。ゆで卵と同じ原理。
  • 解体屋やってた時に熱射病で死んじゃったおじさん胃とか内臓ほとんど溶けてたらしい みんなで死ぬ気になって氷と水ぶっかけたのに
タイトルとURLをコピーしました