「正直逮捕してもらいたかった」飯塚幸三被告ついに家族からも見放されるwww | まいだん

「正直逮捕してもらいたかった」飯塚幸三被告ついに家族からも見放されるwww

未分類

【池袋暴走事故】初公判の飯塚被告の様子

10月8日、東京地裁にて、2019年4月19日、東京・東池袋で当時87歳の飯塚幸三被告人が運転していた車が暴走し、自転車で青信号の横断歩道を渡っていた親子2名が死亡、9名が負傷する大惨事となった池袋暴走事故の初公判が開かれた。

検察側は、車に異常はなく飯塚被告のブレーキの踏み間違いによって加速したと述べたのに対して、飯塚被告は

「はじめに、今回の事故により奥様とお嬢様をなくされた松永様とご親族の皆様に心からお詫び申し上げます。最愛のお二人を突然失った悲しみとご心痛を思うと言葉もございません。また、お怪我をされ苦しまれた方々とご親族の皆様にも深くお詫び申し上げます。起訴状の内容については、アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、暴走したのは車に何らかの異常が生じたため暴走したと思っております。ただ暴走を止められなかったことは悔やまれ、大変申し訳なく思っております」

と、罪状認否でこのように述べ、過失を全否定した。

【池袋暴走事故】同乗者だった飯塚被告の妻も重傷を負っていた

NPO法人WorldOpenHeartの「加害者家族ホットライン」というのをご存知だろうか?
事件事故で苦しむ加害者家族や親族をサポートする取り組みが行われている。相談は匿名で、事件の詳細をあれこれ聞くことはしない。

そこに2019年4月下旬、父親が運転していた車が事故を起こし、多数の被害者を出してしまったという家族から電話が入ったのだ。

車に同乗していた母親もICUに20日間入る大怪我を負った。命はとりとめたものの自らを責め続け、悲嘆にくれる毎日を過ごしている。何日も食事が喉を通らず全く眠れていない。言葉は少なく、憔悴しきっている様子が伝わってきた。

加害者親族
加害者親族

「なぜこんなことになったのか、これからどうしたら良いのか……」

精神的に相当追い詰められている相談者に対し、筆者は精神科に行くよう促し、無事を確認するため何度か電話を入れていた。

この相談者がこの時点では池袋暴走事故の飯塚幸三の親族であることはわかっていなかったようだが、どっちにしろ、身内が起こした大事故にだいぶ疲弊していたようだ。

【池袋暴走事故】当時の飯塚幸三の様子の情報は誇張したデマばかり!?

https://nicevalue.xsrv.jp/qol/iduka-musuko/

被告人が逮捕されなかったのは、旧通産省の官僚だったからだという「上級国民」バッシングが始まり、被告人の自宅には嫌がらせの電話や手紙が届くようになった。バッシングは被告人だけにとどまらず、「家族も同罪」「家族も死刑」といった書き込みもあった。

加害者親族
加害者親族

「正直、逮捕してもらいたかったです……」

危険なのは塀の中より社会である。家族にとっては、被告人が警察署内に拘束されている方がよほど安全で気が楽なのだ。

そして、この親族曰くTVやネットで報道されている情報は誇張したデマばかりだと言う。

  • 被告人は事故発生直後、救急車が到着する前に息子に携帯電話をかけていた→実際、息子が電話を受けたのは事故から55分後だった。
  • 「フレンチに遅れる」といった「上級国民」を強調するテロップが使われバッシング→飯塚氏が向かっていたのは、遅れても構わない馴染みのごく普通の小レストランであり、「フレンチ」ではない
  • 医師から運転を止めるように言われていたにもかかわらず運転していた→そのような事実はなく、車を擦ったりぶつけたりといった家族が不安になるような問題も起きてはいなかった

報道陣は家族のところも来たが、加害者家族の立場で発言しても揚げ足を取られ、さらにバッシングが酷くなるとしか考えられず沈黙を貫くほかなかったのである。

【池袋暴走事故】終わりない処罰感情の犠牲になる飯塚被告の家族

加害者親族
加害者親族

あの事故を忘れた日はありませんし、これからも永遠に忘れることはありません。被害者やそのご家族の気持ちを思うと居たたまれないです。

加害者家族もまた人生を狂わされ、重い十字架を背負うことになってしまった。家族として、事故を起こした父親に対して怒りが抑えられなくなる瞬間もあるという。

加害者が高齢者で被害者が若年者であった場合は特に、世間の処罰感情は強く、加害者が厳罰を逃れるならば、代わりに家族が制裁を受けるべきというようにその矛先は家族へと向けられる。

今までにも、事件事故での甚大な被害に対して、社会からの「責任をとれ!」という言葉に加害者家族が自ら命を絶つケースもあり、世の中は事件の幕引きを図ってきた過去もある。

しかし、加害者家族が代わりに罪を引き受け犠牲になることは、一時的な世間の処罰感情を満たすだけであって事件の本質的な解決にはならない。

本件において、被告人の子どもたちは被告人に対して、影響力を有する関係にはなかった。被告人は一般的には高齢であるものの自立した生活を送っており、子どもたちがコントロールできるような親ではない。したがって、被告人の言動に対して子どもたちにまで責任があるというには無理がある。

しかし、家族も含む加害者側への行き過ぎた制裁は、「被告人はすでに社会的制裁を受けている」という減刑の材料にもなり、厳罰化の主張に対して逆効果を招くことさえあるのだ。

参考サイト

【飯塚幸三】犯罪加害者の家族が味わう地獄と闇 / タケシ弁護士【岡野武志】

みんなの反応

  • 家族でさえそう思ってるのか
  • そりゃ人殺しちゃったのを動く車が悪いって言ってるようなのが身内いたら嫌やろな
  • 家族の方は常識ある方でよかったわ
  • 家族の方に罪はないのに…
    そこまで身内苦しんでるのにも関わらず当本人はなんて呑気な…
  • 身内にも見捨てられる哀れな爺
  • 着々と国民のヘイトが溜まっていくね
  • どんなに偉くなろうともこういう大人にだけはなりたくないよね。
  • 加害者家族には罪はない
タイトルとURLをコピーしました