アルバイトと正社員の違いって!?正社員になるのは難しいはウソ? | まいだん

アルバイトと正社員の違いって!?正社員になるのは難しいはウソ?

未分類

初めから正社員として就職することは難しくても、アルバイトとしてなら勤務が可能である職業や会社は多くあります。
しかし、このままアルバイトを続けることは将来が不安ですよね?ゆくゆくは正社員として安定して働きたい!そうお考えの方は、まずはアルバイトから始めて、正社員登用を使って正社員になるという方法がありますよ。

アルバイトから正社員になる方法や、どのような業種で正社員登用を行っているのか、また正社員登用を利用する人がアルバイト先で気をつけるべきことなどについてご紹介します。

アルバイトと正社員の待遇の違い

アルバイトと正社員の待遇の違いを頭に入れておきましょう!

アルバイトの特徴
・シフトの融通が効く
・仕事の責任が少ない
・時給制で働いた時間だけ賃金を得ることができる
・賃金が安い(ボーナスは基本ない)
・雇用が不安定で、クビになりやすい
・福利厚生が利用できない

アルバイトの一番のデメリットは、ケガや病気などで長期入院・療養が必要となった場合、家族の介護が必要となった時などには、働けないということで給料が0円になってしまうということです。正社員なら会社の保険が使えたりして、働いてなくても一定の収入を得ることができることがあります。そして職場への復帰もしやすいです。
しかし、アルバイトの場合、職場への復帰は困難となり、生活への大きなダメージにつながるということは言うまでもありません。

次に、正社員の待遇について見ていきましょう。

正社員の特徴
・シフトの融通が効きにくい
・責任者として仕事を任される
・一般的に月給制
・ボーナス、昇給がある
・雇用が安定している
・福利厚生がしっかりしている

給料と将来の安定性を考えた場合、正社員での就職を希望する人がほとんどではないでしょうか。
仕事の責任を負う分、ボーナスももらえるし昇給もあるので生涯年収は1億円以上も違ってくると言われています。
また、福利厚生はしっかりしているので出産・子育て・病気・介護などで休職しても賃金を得ることができ、復職もしやすくなっています。

就職するより良い?アルバイトから正社員になるメリットとは

先ほども述べたように、アルバイトと正社員とでその待遇は異なります。
将来のことを考えると正社員を狙って就活するという人が多いと思いますが、アルバイトから正社員になるというのもかなりメリットがあります。

まず、職場環境と仕事内容を理解した上で正社員になることができる点が挙げられます。例えば、アルバイト入社をして職場環境や社風を把握しておくと仕事内容のギャップもあまりありませんし、「入社してみたら思っていた仕事となんか違う」と悩むことがありません。

次に、アルバイト入社では、前職の職歴がない場合であっても、現場での仕事ぶりを買ってもらえる可能性があるということが考えられます。
正社員を希望した場合の就活だと、前職の職歴は採用にあたって大きな判断材料のひとつとなります。また、業種によっては有資格者か否かということも、確認すべき条件といえます。つまりある程度のキャリアが求められるということです。
しかし、アルバイトから正社員へ登用される時には、アルバイトの段階で仕事に対する情熱や姿勢そのものを評価してもらえるので、キャリアがなくても仕事ぶりや人間性などを理解した上で正社員になれます。

正社員登用制度を使って正社員を目指そう!

正社員を目指して就活をするけど、正社員で雇ってくれるところがなかなか少ない!と、頭を抱えていませんか?
そんな時は正社員登用を利用して、アルバイトで入社して正社員になるという方法があります。

最近では飲食系、オフィス系、工場スタッフ、アパレル販売スタッフ、テレフォンオペレーターなど、さまざまな業種で正社員登用を行っていおり、アルバイトから一気にその店舗の店長(正社員)になったという人もいます。

このようなアルバイトから正社員になるには、正社員登用実績のある会社を選ぶことがポイントです!
アルバイトの求人情報を閲覧すると「正社員登用制度あり」などといった記載を目にすることがあります。しかし、求人票に「正社員登用制度あり」と記載があっても、実際に正社員登用の実績が全くないという企業は多く存在します。

正社員登用制度を利用して正社員を目指したいのであれば、アルバイトに応募する際や面接の際に、

  • 正社員登用されるにはどういった条件が必要なのか
  • 正社員登用制度での採用実績はあるのか
  • 正社員登用されるために身に付けておくべきスキルは何か

などをあらかじめ聞いておくといいでしょう。

正社員登用で正社員になれる人の特徴とは?

アルバイト入社から正社員登用に近づくためには、日々の仕事の仕方についても工夫しなければなりません!

雇う側としては、できるだけ優秀な人材を雇いたいのが本音です。
なので、アルバイト期間中は、あなたの性格や働きぶりは、すべてチェックされていると思ってください。

では、どんな人が正社員になれるのか、その条件をピックアップしましょう。

  • 高いコミュニケーション力がある
  • 周りが納得する能力・スキルがある
  • 高い向上心がある

以上。このうちのどれか1つでも足りていないと思われた場合、正社員登用されない可能性は高くなります。

まず、社員と仲良くするというコミュニケーションをとることが大切です。
特に、個人プレーよりもチームワークに重きを置いている会社の場合には、協調性があり、チームを大切にしながら成果を上げられる社員の存在は貴重です。きっちりとした挨拶ができることや、情熱を持って真面目に仕事をするという姿勢は、どのような業種にも求められることです。

また、早く正社員になりたいからといって焦ることなく、目の前の仕事をきちんと正確にこなしていくことが評価につながります。
上司や同僚に対して、報告・連絡・相談をこまめにしっかりと行っていくことで、仕事の効率は上がります。仕事を通じて周りから信頼を得て実績を作っていくことで正社員に近くことができるでしょう。

最後に、仕事を通じて会社をよくしていこうとする向上心が求められます。
「ま、いいか」と中途半端な仕事ぶりと勤務態度では会社を大させていくことは無理ですよね?会社としては共に会社を大きくしていくという共通の目標を目指して切磋琢磨できる人材を求めます。
どんな状況でも前向きに仕事に取り組む姿が求められます。

こういった日頃の努力が、アルバイトであってもチームに欠かせない存在となり、正社員登用に近づいていきます。

アルバイトから正社員へ!登用されるにはどんな方法がある?

アルバイトから正社員へ登用されるには、3つの方法があります。

  1. 正社員登用試験を受ける
  2. 社員からスカウトされる
  3. 中途採用の求人に応募する

1.社内で行われる正社員登用試験を受ける
成長企業である場合、正社員登用試験が定期的に行われている場合があります。
しかし、企業によっては不定期に行っている所も少なくないので、登用試験の案内が出たら必ずチェックしておきましょう。

2.社員からスカウトされる
アルバイトをしている間に、その仕事ぶりを見て社員から直々に「アルバイトから正社員にならないか」と声をかけられることがあります。
やはり、普段いかに真面目にコツコツと仕事をしているかということが直接評価につながりますが、なかな声をかけられずに疲弊して挫折していく人も多くいます。

3.中途採用の求人に応募する
学校を卒業して3年以内であれば第二新卒として採用してくれる企業もあります。25歳以下の方は第二新卒枠を狙うのもいいでしょう。
中途採用は転職活動をして内定が出ればすぐに正社員として働く事ができます。

アルバイトから正社員になるのは難しい?

アルバイトの経験が長く正社員の経験が少ないと、転職活動で内定を取るのが難しいでしょう。職歴以外に強みがないとなかなか内定を取るのが難しいのが現状です。

実際に、厚生労働省が発表している労働経済動向調査(2020年2月)の概況でも、正社員登用制度があるのは調査した企業のうちの73%
そもそも、正社員登用制度がないという会社も結構な割合で実在するのです。

しかし、そんな中でも

  • 正社員登用制度がある
  • 実際に正社員登用制度を利用して正社員になった人が社内にいる

といった場合では、バイトから正社員に登用される可能性は高くなります。
このように、アルバイトから正社員になるのは本人の努力と会社が本当に正社員登用してくれるかにかかっているので、いつ正社員になれるかわからないというのが現状です。
「自分はこんなにも仕事を頑張っているのに会社は評価してくれない」と難しさを感じて挫折していく人は多くいるのも事実です。

まとめ

  • アルバイトより正社員の方が将来が安定している
  • 正社員登用を使えばアルバイトから正社員になれるチャンスがある
  • 正社員になれるかは本人の努力にかかっている
  • 仕事ぶりが評価されずにバイトから正社員になることを諦める人もいる

安定した生活を望むなら、やはり正社員として働きたいですよね。
アルバイトから正社員に登用されるということは、簡単なことではありません。しかし、正社員登用を積極的に行っている会社もあるのでチャレンジしてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました