2020年の干支はネズミです。実は子年は「政変の年」で知られ、過去にも首相が辞任し、新たな首相へと交代してきた年でもあるのです。

今年を含め戦後の子年は7回。過去6回のうち実に5回、首相が辞任し、政権が変わっています。

・1948年(昭23)3月 片山哲内閣総辞職受けて、芦田均内閣が発足。芦田内閣も同年10月に総辞職。第2次吉田内閣が発足

・60年(昭35)7月 安倍首相の祖父、岸信介首相退陣で、池田勇人内閣発足

・72年(昭47)7月 佐藤栄作首相が辞意表明を受け、田中角栄内閣が発足

・84年(昭59)10月 自民党総裁選をめぐる権力闘争、「二階堂進・擁立構想」騒動が起きる

・96年(平8)1月 村山富市首相が退陣し、橋本龍太郎氏が首相に

・08年9月 福田康夫首相が退陣し、麻生太郎内閣が発足

・20年8月 安倍首相が辞任の意向を固める

参照サイト

唯一政権交代がなかった84年(昭59)ですが、自民党内での権力闘争が起きていました。

今回の安倍首相が辞任するなど、関係者を含めほとんど人が予測しなかったはずですが、子年の政変のジンクスを知ると、当然の流れなのでは?という意見もあります。